心から看る介護と認知症予防の
    お話し会
    看護師歴31年・現役特養看護師のお話し会です
    scroll

    まだ親は元気だけれど要介護になったら?
    自分が要介護にならないためには?
    今、まさに介護生活で苦しんでいる
    心穏やかに親世代と関わりたい
    自らの老後を満足のいくものにしたい
    こんなことをお考えのあなたに、お届けするお話し会です

    タイトルを入力してください

    サブタイトルを入力してください
    テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

    要介護状態や認知症のことを
    心から看たら何が分かるの?

    ~高齢者との関わる中で、次の様な状況が起こったり、
    こんな風に感じてしまう理由が分かります~
    高齢者の行動の謎
    ▼ちょっとしたことですぐに医者にいく(通院が日課)
    ▼自分が嬉しかったことはあまり話さないのに、不運・不幸な目に遭ったことは繰り返し話す
    ▼電話をかけてきては愚痴や不平不満を言い続ける(なので電話に出るのが億劫になってしまう)
    高齢者と接するとストレスを感じる
    ★会って話すと責められているように感じて気が重くなってしまう
    ★次はもう少し優しくしようと思うのに、いざ話し始めるとイライラして優しく出来ない
    ★いつも優しくできない自分はダメだな・・・と思ってしまう etc.

    あなたが、親御さんと話すと憂鬱になったり、会いたくないな・・・と思ってしまうのには、高齢者が持つある価値観が影響しています

    お話し会では、その価値観を持つにいたった道筋を解説します。
    戦中戦後を生き抜く中で培われ、必要だったその価値観と背景を知ると、とてもじゃないけど共感できないと思っていたことが、なるほど、だからなのか・・・という氣持ちに変わり介護中の行き詰まり感からの抜け道が持てます。
    そして、この価値観を知ると、では自分が要介護、認知症にならないためには、どうしたらいいのかがみえてきます。

    このお話し会でお伝えすること

    ●親が要介護になったら・・・の不安に効く心構え
    ●ピンピンコロリ
    モデル
    ●介護の犠牲から抜け出す
    心の持ち方(8050問題)
    ●高齢者は増えても
    要介護者が増えないためには 

    項目を追加

    タイトルを入力してください

    サブタイトルを入力してください
    テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

    ~そして、もう一つの大切なこと~
     子供たちは親の姿を見ています

    子供は、親が思う以上に親のことをよく見ています。
    もしも自分を犠牲にして辛そうな毎日を親が送っているとしたら、その背中をみている子供は、自分の将来にもこの生活が待っているかも・・・と感じ、不安を持ちます。
    介護で苦しんでいる親の姿を見るのが辛くて目をそむけたくなったり、大好きなお父さんやお母さんが苦しんでいることを受け止めきれずに自分の無力さを責めたり、無関心なふりをするかも知れません。
    この状況は、親御さんが本当に望むものでしょうか?
    項目を追加

    講師プロフィール

    林 美子 大阪府出身  1965年12月生まれ
    幸せな人と不幸せな人の分かれ道は何なのかをじっと考える子供時代を過ごしました。
    中学生の時に激しいいじめにあい、自分の無価値観が更に強固なものとなり、死ねば楽になれるのか・・・苦しまずに死ぬ方法はないか探していたものの、母親の病氣をきっかけに、生きたくても死ぬことがある、最後には必ず死ねるのだからもう少し生きてみようと思い死ぬのは止めました。
    苦しい時を笑うことで乗り越えた体験から、笑いのとれる看護師を目指し実現する一方で、プライベートでは理想の家庭への思い入れが強過ぎ離婚しました。社会人の愛娘が2人います。
    高齢者ケアは整形外科クリニック、老健、特養、グループホーム、ケアハウス勤務で実践中です。
    温かい家庭を作りたいのに、叶わない・・・その仕組みを解き明かしたくて心の勉強を始め、看護師をしながらUMIカウンセラーと、カチコチの身体をゆるめる“さとう式リンパケア”セラピストとして望みを叶え生きやすくなるためのサポートをしています。

    ~お話し会の詳細~

              ◆日時 11月11日(日)午後2時~午後3時30分(午後1時50分開場)
              ◆場所 ザ・ハート高槻(下記に詳細がございます)
                 〒569-0803
                 大阪府高槻市高槻町14-3
                 マツモト高槻ビル2階(1階は理髪館・向かいはふぐ義)
                 阪急京都線高槻市駅から徒歩3分
                 JR東海道線高槻駅から徒歩5分、たかつき本通り
              ◆料金 3,000円
              ◆お支払方法 お申込受付時にご案内する口座へのお振込
           
              ◆申込締切日 開催日前日(満席になり、早くなる可能性があります)
              
              【キャンセルについて】
              事務及び振込手数料として1,000円を頂き、残金をお返しいたします。 

    クリックして内容を表示

    会場:ザ・ハート高槻

    〒569-0803大阪府高槻市高槻町14-3 
    マツモト高槻ビル2階
    (たかつき本通り沿い。
    1階は理髪館・向かいはふぐ義)
    理髪館の右横にある階段を上がってください 
    阪急京都線高槻市駅から徒歩3分 
    JR東海道線高槻駅から徒歩5分

    line@

    ご登録頂くと、お話し会やセッション、講座のご案内をお知らせ致します。
    お問い合わせやご質問も、ライン@をご利用ください。